パート社員の社会保険加入

  • 2017.02.25 Saturday
  • 17:23
熊本の社会保険労務士 家入です。
今回はパートタイマーの社会保険加入について、考えてみたいと思います。

平成28年10月から社会保険の適用拡大が実施されています。週20時間以上働く人で、従業員501人以上の会社に勤めている等の要件にあてはまれば適用対象です。(29年 4月1日からは従業員500人以下の会社でも、労働者と使用者が合意すれば、加入対象となります。詳しくは厚労省のホームページをご参照ください。)

今現在、従業員数 500人以下の企業の社会保険加入要件は次のようになっています。
・週の所定労働時間及び一ヵ月の所定労働日数が常時雇用者の4分の3以上

今巷では、「130万円の壁」といわれて、これを超えると手取り収入が減るので、働くことを制限する方が得だと言う考え方があります。次にこのことについて考えてみたいと思います。以下厚生労働省のモデルを参照に説明したいと思います。
(日本年金機構によると社会保険の加入要件は、「週の所定労働時間及び一ヵ月の所定労働日数が常時雇用者の 4分の3以上」と明記されています。つまり130万円は加入要件ではなく、被扶養認定基準であり、保険料を自分で払うか払わないかの基準です。)

仮に月収を88,000円とすると、社会保険料は労使折半なので、従業員は年金分が月額8,000円、健康保険分が月額4,400円となります。この条件で社会保険に20年間加入すると、年金額が月額9,700円増加します。収入が多くなれば多くなるほど年金額は増えます。平均寿命が永くなり、女性では90歳に迫ろうと言う勢いです。元気なうちに働いて将来に備えるという考えも1つの方法です。また、健康保険には傷病手当金と言う制度があり、業務外の病気や怪我で会社を休み収入が得られなくなった場合に、支給要件を満たせば手当金が支給されます。働く者にとっては助かる制度です。

社会保険料の負担はありますが、病気や怪我または将来の生活のための備えとしては有効な方法の
一つではないでしょうか。『備えあれば憂いなし』と言う言葉もあります。







コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

免責事項

社会保険労務士

社労士事務所
人財戦略支援

ブログ!ランキング


人事・労務ブログランキング

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村 経営情報

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM