問題に対する解決方法について!

  • 2015.12.05 Saturday
  • 22:51
社会保険労務士の家入です。

「光陰矢の如し」今年も残すところ26日となりました。
11月までは暖かい陽気が続いていましたが、さすがに12月です、九州でも寒くなりました。

今年もいろいろありましたが、全ての問題が解決したという事はありません。全ての問題が解決するというのは難しいというより、不可能でしょう。

日沖健「社会人のための問題解決力」産業能率大学出版部(2013)によれば、「問題の大半は放置される。問題から重要性、緊急性、制約条件を勘案して、少数の重要課題を形成し、解決することが重要である。」
対処の順番として、

  1. 重要性が高く、緊急性が高い問題

  2. 重要性が高く、緊急性が低い問題

  3. 重要性が低く、緊急性が高い問題

  4. 重要性が低く、緊急性が低い問題


ここで大事なのは、解決の順番として重要性が高い問題が優先される(注意:文言は書籍と多少違います。)ということが記述してあります。

緊急性が高くても重要でない問題は、制約のある条件下では取り組まないという選択も有りということです。全ての問題に対処できないならば、重要性の高い問題に重点的に取り組む方が仕事の質も向上すると考えられます。

また、陽明学者の安岡正篤「思考の三原則」によると、

  1. 目先にとらわれないで、できるだけ長い目で観察する。

  2. 一面にとらわれないで、できるだけ多面的、できるならば全面的にも考察する。

  3. 枝葉末節にとらわれないで、できるだけ根本的に観察する。


とあります。思考の原則ですね!まずは方向性を見誤らないように、大きな流れ(局面)を掴み、そこから多面的(全面的)に考察していくことが重要ということですね。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

免責事項

社会保険労務士

社労士事務所
人財戦略支援

ブログ!ランキング


人事・労務ブログランキング

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村 経営情報

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM