マイナンバー誤配について

  • 2015.11.21 Saturday
  • 21:58
社会保険労務士の家入です。

今日は、特定社会保険労務士の試験がありました。試験が終了しましたので、久々にブログの更新です。試験結果はかなり先の発表なので、気長に待ちます。ちなみに解答例が「おきらく社労士」さんのブログで発表されているみたいです。(ちなみにおきらく社労士さんとは何の関係もありません。)

ところで、マイナンバー制度が始まりますが、それに先立ち「通知カード」が配達されています。誤配が報道されています。全国約5,500万世帯に配達するわけです。仮に0.1%の誤配があったとしても、55,000件の誤配が発生するわけです。100%完全に誤配なく配達するシステムを作りあげないかぎり、人間が介在する限りミスは発生するものだと考えますが。

ミスを犯した人が悪いのか、ミスが発生することを前提にシステムをつくっていないのが悪いのか、どちらなのでしょうか?おそらく、いや間違いなく対策は講じてあると信じていますが。

個人情報の漏えいは重大な問題であると考えますが、絶対にミスをおこさないではなく、人間が介在する以上ミスを100%なくすことは不可能ではないかと思います。重要なのは、ミスが発生した時にどう対処するかということではないでしょうか。ミスを最小限にとどめ、致命的なミスにならないような対策を採ることが重要であると考えます。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

免責事項

社会保険労務士

社労士事務所
人財戦略支援

ブログ!ランキング


人事・労務ブログランキング

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村 経営情報

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM