社訓の重要性(志ざし目標)

  • 2014.12.30 Tuesday
  • 10:48
社会保険労務士の家入です。

来年の大河ドラマは吉田松陰の妹、文(ふみ)が主人公となるようです。吉田松陰といえば、密航を計画するなど過激な面も見られるが、西洋兵学を学んだり先進的な考えの持ち主だったようです。

命を掛けてまで行動してきたように感じる吉田松陰を突き動かしていたのは、いったい何だったのでしょうか?

やはり、「志ざし」であったと思います。

ところで、会社に社訓はありますか?

社訓とは、会社の目標であり、社長の思いであり、志ざしでもあります。日々の多忙な業務に追われ、業務を遂行することに追われ、ふと気が付くと我々の目標は何だったのか?何を目指しているのか?目標を目指す思い(志ざし)は何だったのか?というような事が往々にしてあります。

そこで大事なのが、社訓とよばれるものです。常日頃から確認することで、初心に帰る事ができ、目標や志ざしを確認することができます。

まず事業を始めようと思ったら、一番初めに行うことは、「社訓を造ることである」と声を大にして言いたい。

自分の行動を突き動かすものは、やはり「志ざしや思い」であると感じます。その志や思いを言葉にしたのが、社訓です。社訓を事あるごとに確認して、経営者と会社で働く従業員の思いを同じ方向に向かわせる事が重要であると感じます。人は志ざしや思いによって行動するものであると感じます。






コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

免責事項

社会保険労務士

社労士事務所
人財戦略支援

ブログ!ランキング


人事・労務ブログランキング

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村 経営情報

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM