問題に対する解決方法について!

  • 2015.12.05 Saturday
  • 22:51
社会保険労務士の家入です。

「光陰矢の如し」今年も残すところ26日となりました。
11月までは暖かい陽気が続いていましたが、さすがに12月です、九州でも寒くなりました。

今年もいろいろありましたが、全ての問題が解決したという事はありません。全ての問題が解決するというのは難しいというより、不可能でしょう。

日沖健「社会人のための問題解決力」産業能率大学出版部(2013)によれば、「問題の大半は放置される。問題から重要性、緊急性、制約条件を勘案して、少数の重要課題を形成し、解決することが重要である。」
対処の順番として、

  1. 重要性が高く、緊急性が高い問題

  2. 重要性が高く、緊急性が低い問題

  3. 重要性が低く、緊急性が高い問題

  4. 重要性が低く、緊急性が低い問題


ここで大事なのは、解決の順番として重要性が高い問題が優先される(注意:文言は書籍と多少違います。)ということが記述してあります。

緊急性が高くても重要でない問題は、制約のある条件下では取り組まないという選択も有りということです。全ての問題に対処できないならば、重要性の高い問題に重点的に取り組む方が仕事の質も向上すると考えられます。

また、陽明学者の安岡正篤「思考の三原則」によると、

  1. 目先にとらわれないで、できるだけ長い目で観察する。

  2. 一面にとらわれないで、できるだけ多面的、できるならば全面的にも考察する。

  3. 枝葉末節にとらわれないで、できるだけ根本的に観察する。


とあります。思考の原則ですね!まずは方向性を見誤らないように、大きな流れ(局面)を掴み、そこから多面的(全面的)に考察していくことが重要ということですね。


マイナンバー誤配について

  • 2015.11.21 Saturday
  • 21:58
社会保険労務士の家入です。

今日は、特定社会保険労務士の試験がありました。試験が終了しましたので、久々にブログの更新です。試験結果はかなり先の発表なので、気長に待ちます。ちなみに解答例が「おきらく社労士」さんのブログで発表されているみたいです。(ちなみにおきらく社労士さんとは何の関係もありません。)

ところで、マイナンバー制度が始まりますが、それに先立ち「通知カード」が配達されています。誤配が報道されています。全国約5,500万世帯に配達するわけです。仮に0.1%の誤配があったとしても、55,000件の誤配が発生するわけです。100%完全に誤配なく配達するシステムを作りあげないかぎり、人間が介在する限りミスは発生するものだと考えますが。

ミスを犯した人が悪いのか、ミスが発生することを前提にシステムをつくっていないのが悪いのか、どちらなのでしょうか?おそらく、いや間違いなく対策は講じてあると信じていますが。

個人情報の漏えいは重大な問題であると考えますが、絶対にミスをおこさないではなく、人間が介在する以上ミスを100%なくすことは不可能ではないかと思います。重要なのは、ミスが発生した時にどう対処するかということではないでしょうか。ミスを最小限にとどめ、致命的なミスにならないような対策を採ることが重要であると考えます。


大学 科目修得試験

  • 2015.06.28 Sunday
  • 22:22
熊本の社会保険労務士の家入です。

今日は大学の科目修得試験を受けてきました。今年の4月から大学に編入して大学生になりました。(通信制です。)

通信制の勉強は通常の大学生とは違い、ほとんどが自宅学習になります。自習してリポート提出後、科目修得試験を受験し、単位を修得していくという形式です。メリットとしては学費が通学制に比べて安い、自分の自由な時間に勉強できるという点が挙げられますが、デメリットは自由な分だけ自己管理が必要になるということでしょうか。

人生において常に勉強することは必要であると考えます。20代前半までの若い人だけの特権では無いと考えます。いくつになっても学び続けなくてはならない。学ぶことをやめたらそこで成長が止まってしまうように感じます。いや、止まるだけならいいが、周りが進んでいくことを考えると取り残されて行くことでしょう。

勉強とは、目的意識を持ち、主体的に学ばなければ身につかないと感じます。学んだことを実社会に生かしていきたいと考えています。1年間頑張ります。

ブラック企業対策

  • 2015.04.30 Thursday
  • 15:22
社会保険労務士の家入です。

「青少年の雇用の促進等に関する法律」が17日参議院本会議で可決されました。

この法律には、新卒者の募集をおこなう企業に対し、以下の内容が含まれています。

  • 1)幅広い情報を提供する努力義務
    2)応募者から請求があった場合の情報提供の義務
    提供する情報:
    (臀検採用に関する状況
    ∀働時間等に関する状況
    職業能力の開発・向上に関する状況 

  • 一定の労働関係法令違反者の新卒求人を受理しないことができる

  • (上記の法律施行日:平成28年3月1日)

以上の内容がこの法案には含まれています。新卒者は、当然ながら社会経験が乏しく、特別に労働法を学んだ学生を除いては労働法に関する知識も乏しいものと考えられます。

このような状況で社会に出れば、会社や上司の命令や指示が常識的に考えておかしいと感じても、「社会とはそうゆうものだ」と疑うこともないかも知れません。ましてや会社や上司に反論したり、意見を求めるということは希なことでしょう。

法律面から働く人を守ることは重要なことです。特に社会経験の少ない若年者(新卒者)にとって、法律が整備されることは大きな意味があると感じます。

それと並行して重要なことがあります。労働法関連の教育です。中学・高校の段階で労働法関係の教育を充実したものにしていくことです。小学校高学年からでも良いと考えます。

労働法の知識があることで、働く者の権利と義務が理解でき、理不尽なことや違法性が判断でき、それに対して適切な対応ができると考えます。

私自信も法律家の一翼を担っていますので、「当たり前のことが、当たり前になるように」労働法の重要性と知識の普及に貢献していきたいと考えています。


明けましておめでとうございます。

  • 2015.01.01 Thursday
  • 09:48
社会保険労務士の家入です。

新年明けましておめでとうございます。本年は飛躍の年にするために頑張りたいと思っています。

JR最南端駅

写真はJR最南端駅から開聞岳を撮影しました。当日は、あいにくの天気で曇り時々雨が降っており、綺麗な快晴の写真とはなりませんでした。(2014年12月31日撮影)

ところで日本の経済を観てみると、日銀の金融緩和により市場に出回っている資金が増加しているため、円安に振れているが、貿易収支額をみると未だ赤字が続いています。原因として原発停止のため原油等の輸入額が増えているのも原因と考えられますが、それだけではなく構造的な問題があると考えられます。

電機関係は正月休み返上で稼働している企業もあるようですが、構造的に輸出企業の多くが海外に進出していますので円安になっても、すぐに輸出が増えるということにはならないと考えられます。

また、地方経済は人口の減少、若年者の流出等により衰退しています。地方においては景気回復の実感は感じられません。今後のアベノミクスに期待するところですが、我々自身においても精進努力が必要であると感じています。

アメリカ合衆国の景気は、報道によると好調であるということです。アメリカ合衆国には多様な考え方があるので、新陳代謝が活発で、一方が駄目なら他方でカバーし、何事に対しても流動性があり、一時期低迷してもまたしばらくすると復活するようなバランス感覚があるように感じます。アメリカの様な多様性を認めるということにヒントがあるのではないでしょうか。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

免責事項

社会保険労務士

社労士事務所
人財戦略支援

ブログ!ランキング


人事・労務ブログランキング

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村 経営情報

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM