中小企業の後継者問題

  • 2016.06.11 Saturday
  • 21:35
社会保険労務士の家入です。

経済状況の好転が見られず、消費増税の再延期が発表されました。日本経済は低迷している感があります。一つの原因として、中小零細企業の業績が低迷していることが考えられます。

象徴的な例としては、学校等で使っている「チョーク老舗メーカーの廃業」の報道がありました。この企業のチョークは、書きやすく折れにくい等の特徴があり、使いやすいとのことです。海外の研究者や学者にも愛用者がいるそうです。しかし、経営者の体調不良、売り上げの低迷、跡継ぎがいないなどの理由のため廃業となりました。世界レベルの技術を持った企業が廃業していくのは残念です。

中小企業庁委託「中小企業者・小規模企業者の廃業に関するアンケート調査」(2013年12月、(株)帝国データバンク)によると、廃業を決断した理由として

  • 経営者の高齢化、健康の問題…48.3%

  • 事業継承問題…4.2%

 
が挙げられています。事業の先行き不安や業績悪化も当然あると考えられますが、経営者の高齢化等と後継者問題が大きな値を占めています。

チョークメーカーの例に見られるように、世界的な技術がある企業の廃業は実に残念なことです。一から起業するのは困難ですが、基礎となる技術があるならば、その技術を活かして発展させていくという選択肢も考えられます。多方面の協力により経済を活性化していくことができるのではないでしょうか。

日本の仕事の49%が人工知能で代替可能

  • 2016.06.01 Wednesday
  • 13:00
社会保険労務士の家入です。
(株)野村総合研究所とオックスフォード大学のマイケル A. オズボーン准教授、カール・ベネディクト・フレイ博士との共同研究によると、「10年〜20年後に日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替え可能」(2015年12月2日付)と試算しています。

代替可能性が高いのは、「事務職、生産オペレーター、作業員、電車・路線バス運転士」などの定形・ルーチンワーク業務が挙げられていますが。会計監査係員や測量士、通関士などの業務遂行に専門知識が必要とされる業務も含まれています。
逆に代替されにくい仕事は、「アートディレクター、各種カウンセラー、医師、小中学校教員、経営コンサルタント、中小企業診断士、研究者」などが挙げらえています。

創造性が必要とされる仕事や、人とのコミュニケーションを必要とする業務、その場で判断が要求されるなどの非定形業務は代替されにくいが、定型業務や現場において判断を要しない業務は人工知能・機械に代替えされる可能性が高いということです。

現実的に車の自動運転技術は、実現可能なレベルまであと少しというところまできていると感じますし、ホテルの受付業務をロボットが実際に行っているところもありますし、警備ロボットも登場しています。対話ロボットも発売されており、人とのコミュニケーションが行えるので、案内業務や介護施設などでの活用が広がっています。

人工知能に関しては、将棋の「電王戦」が有名です。電王戦とは、将棋のプロ棋士がコンピューターソフトと対局するというものです。近年ではコンピューターソフトの進歩が著しく、プロ棋士は苦戦している模様です。この電王戦の予選に羽生善治 棋士が出場するとのことです(日本将棋連盟発表)。優勝すればコンピューターソフトとの対戦となります。羽生善治 棋士には人類代表として勝っていただきたい。

近年の人工知能の進歩は、コンピューターハード性能の向上と相まって著しいものがあります。大量のデータを蓄積し、そのデータの分析を行い最適な答えを出力するのは、人工知能の最も得意とするものだと考えられます。おそらく通常の人間レベルでは敵わないでしょう。そうであるならばコンピューターや機械が得意とするものは機械に任せて、人間は創造性を発揮できる業務やソーシャルコミュニケーション業務を担っていかなければなりません。

日本は労働力人口が減少していくので、生産効率を高めて労働生産性を上げていく必要があります。少なくとも欧米並みに生産性を上げて効率的な働き方をし、ワークライフバランスの充実を図る必要があります。そのための手段として人工知能・機械の活用は重要な意味をもっていると考えます


同一労働同一賃金

  • 2016.03.06 Sunday
  • 17:56
社会保険労務士の家入です。

「同一労働同一賃金」が議論されています。職務内容が同じならば、同一賃金を支払うというものです。

この議論の背景には、正規社員と非正規社員との賃金格差の問題があると考えられます。全年齢・男女計で、正規社員:100」に対し「非正規社員:63.950歳〜54歳で50.4となっています(厚生労働省 統計調査 27年度)。

賃金格差解消のために「同一労働同一賃金」が議論されています。企業が実際に導入する場合に労力を要すると考えられるのが、「同一労働の定義」です。「同一労働同一賃金」の為には、まず同一労働を定義する必要があります。職務分析を行い、人事評価制度を作らなければなりません。賃金に関わることなので、慎重に且つ的確に実施する必要があります。しかし、中小零細企業にとっては社内の人材不足や経験・知識不足などにより、多大な負担が発生する可能性があります。

個人的な意見としては、安倍内閣でも提案のあった「時給1,000円」を実現することが実効性が高いのではないかと考えます。最低賃金を「時給1,000〜1,200円」程度にすれば、月に170時間程度働いた場合、手取りで月14万円〜16万円程度になります。最低賃金として妥当だと考えられます。

スイス 時給2,500円!?

  • 2014.05.27 Tuesday
  • 22:28
社会保険労務士の家入です。
5月18日にスイスにおいて、最低賃金を時給22スイスフラン、日本円で時給約2,500円にするという国民投票が実施されました。

結果は反対が7割を超え、成立していません。スイスは物価もGDPも高く、時給2,500円という数字も実現可能な数字であるという事のようです。

欧米の主要国の最低賃金は、多くの国が時給1,000円以上になっています。一方日本の最低賃金は、25年10月発効時点で全国平均が時給764円となっています。時給764円で1日8時間働いて、1ヵ月22日働くとすると134,464円になります。約13万円から社会保険料、税金等が引かれます。

正規社員が減り、非正規雇用者が増加している現状から考えると、1ヶ月額面13万円(手取り額は、社会保険料等が引かれるので13万円より低額になります。)で生活していくことは厳しい状況です。

経済活性化の為には、人口減少問題を解決しなくてはなりませんが、経済的な問題で少子化が進行している面もあると考えられます。経済復活の為にも早急な対策が必要とされています。

錦織圭 世界ランク9位

  • 2014.05.14 Wednesday
  • 10:37
社会保険労務士の家入です。
テニスの錦織圭選手が、5月12日発表の世界ランキングで9位になりました。世界ランクTOP10に入るということは、テニス関係者によると「異次元の世界である。」とのコメントが示すように、凄いことです。

欧米の選手に比べて、体格的に劣る日本の選手が世界と戦っていくには不利な面が多いと感じます。それをはねのけ世界のTOP10に入り、まだまだこれから十分にTOPを狙えると感じました。本人も会見で、「近い将来TOP5以内を狙っている。」と断言していました。

錦織選手の躍進は、コーチの存在も大きいのかも知れません。マイケル・チャン氏がコーチをおこなっているということです。

マイケル・チャン氏は、アメリカ出身ですが台湾系の人で、1989年全仏オープンにて17歳で優勝、最高ランキングは2位という素晴らしい成績の持ち主です。

マイケル・チャン氏は身長175cmで体格的には大きくありません。体格面では不利ですが、輝かしい成績を残しています。一方、錦織選手は身長178cm体重74kgと同じ位の体格です。近くに見本となる人が居るというのは、大きな事でしょう。

錦織選手の活躍は、私たちに大きな自信を与えてくれると共に、世界で戦うヒントや考え方を教えてもらっているように感じます。

錦織選手が、世界四大大会(全豪 全仏 全英 全米)で優勝する日も近いと感じます。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

免責事項

社会保険労務士

社労士事務所
人財戦略支援

ブログ!ランキング


人事・労務ブログランキング

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村 経営情報

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM