日本の仕事の49%が人工知能で代替可能

  • 2016.06.01 Wednesday
  • 13:00
社会保険労務士の家入です。
(株)野村総合研究所とオックスフォード大学のマイケル A. オズボーン准教授、カール・ベネディクト・フレイ博士との共同研究によると、「10年〜20年後に日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替え可能」(2015年12月2日付)と試算しています。

代替可能性が高いのは、「事務職、生産オペレーター、作業員、電車・路線バス運転士」などの定形・ルーチンワーク業務が挙げられていますが。会計監査係員や測量士、通関士などの業務遂行に専門知識が必要とされる業務も含まれています。
逆に代替されにくい仕事は、「アートディレクター、各種カウンセラー、医師、小中学校教員、経営コンサルタント、中小企業診断士、研究者」などが挙げらえています。

創造性が必要とされる仕事や、人とのコミュニケーションを必要とする業務、その場で判断が要求されるなどの非定形業務は代替されにくいが、定型業務や現場において判断を要しない業務は人工知能・機械に代替えされる可能性が高いということです。

現実的に車の自動運転技術は、実現可能なレベルまであと少しというところまできていると感じますし、ホテルの受付業務をロボットが実際に行っているところもありますし、警備ロボットも登場しています。対話ロボットも発売されており、人とのコミュニケーションが行えるので、案内業務や介護施設などでの活用が広がっています。

人工知能に関しては、将棋の「電王戦」が有名です。電王戦とは、将棋のプロ棋士がコンピューターソフトと対局するというものです。近年ではコンピューターソフトの進歩が著しく、プロ棋士は苦戦している模様です。この電王戦の予選に羽生善治 棋士が出場するとのことです(日本将棋連盟発表)。優勝すればコンピューターソフトとの対戦となります。羽生善治 棋士には人類代表として勝っていただきたい。

近年の人工知能の進歩は、コンピューターハード性能の向上と相まって著しいものがあります。大量のデータを蓄積し、そのデータの分析を行い最適な答えを出力するのは、人工知能の最も得意とするものだと考えられます。おそらく通常の人間レベルでは敵わないでしょう。そうであるならばコンピューターや機械が得意とするものは機械に任せて、人間は創造性を発揮できる業務やソーシャルコミュニケーション業務を担っていかなければなりません。

日本は労働力人口が減少していくので、生産効率を高めて労働生産性を上げていく必要があります。少なくとも欧米並みに生産性を上げて効率的な働き方をし、ワークライフバランスの充実を図る必要があります。そのための手段として人工知能・機械の活用は重要な意味をもっていると考えます


スイス 時給2,500円!?

  • 2014.05.27 Tuesday
  • 22:28
社会保険労務士の家入です。
5月18日にスイスにおいて、最低賃金を時給22スイスフラン、日本円で時給約2,500円にするという国民投票が実施されました。

結果は反対が7割を超え、成立していません。スイスは物価もGDPも高く、時給2,500円という数字も実現可能な数字であるという事のようです。

欧米の主要国の最低賃金は、多くの国が時給1,000円以上になっています。一方日本の最低賃金は、25年10月発効時点で全国平均が時給764円となっています。時給764円で1日8時間働いて、1ヵ月22日働くとすると134,464円になります。約13万円から社会保険料、税金等が引かれます。

正規社員が減り、非正規雇用者が増加している現状から考えると、1ヶ月額面13万円(手取り額は、社会保険料等が引かれるので13万円より低額になります。)で生活していくことは厳しい状況です。

経済活性化の為には、人口減少問題を解決しなくてはなりませんが、経済的な問題で少子化が進行している面もあると考えられます。経済復活の為にも早急な対策が必要とされています。

523自治体消滅の危機

  • 2014.05.10 Saturday
  • 12:41
社会保険労務士の家入です。
日本創成会議人口減少問題検討分科会において、ショッキングな予測が発表されました。2040年に全国1800の約半分の49.8%にあたる896自治体において、「20〜39歳の女性人口が2010年に比べ5割以下に減る」ということで、その896自治体のうち、人口1万人を割る523自治体は消滅の可能性が高いという予測です。

原因としては仕事を求めて東京をはじめ3大都市圏に、地方からの人口流入が加速する。その結果、東京は更に過密化し、生活し難い環境になり、子供を産み育てる環境は更に厳しくなるとの予測です。東京の女性の未婚率は日本一高く42%、出生率は極端に低い状況です。

地方には人がいなくなり、都市では子供を産み育てる環境は更に悪くなり、日本全体が縮小し、地方は消滅の危機に瀕しているという非常にアンバランスな社会になっていく予想です。

以下は私見ですが、対策として、地方に働く場の創出をはかる。
例えば、

  • リゾートと高齢者施設の融合…地方の自然豊かで綺麗な空気の中で生活できる。

  • IT産業の育成…情報産業なので地理的な制約を受けない。

  • 地域及び日本全体の活性化…外国資本や外国人の活用を促進する。
  • など

働く場の創出と同時に、仕事と生活の調和を図らなければなりません。

  • 労働時間の短縮、特に残業時間の減少と有給休暇の取得率の向上を図る。

  • 男性の育児休暇の取得率向上を図り、子育てに積極的に参加できる環境を整備する。

  • ワークシェアリングを進め、多様な働き方に対応する。

  • 可処分所得の向上を図るため、同一労働同一賃金を進める。


地方経済の活性化を図り、バランスのとれた住みやすい国を目指すことが大事であるということです。政府、自治体、住民全ての人が取り組んで行かねばならない課題だと感じています。


若年労働者人口の動向

  • 2014.03.21 Friday
  • 18:35

社会保険労務士の家入です。今回は若年者人口について記述します。

総務省の資料によると、平成23年の15歳〜29歳の人口は1905万人である。

  • 20歳〜24歳…430万人

  • 25歳〜29歳…601万人


平成32年(2020年)の予想では、団塊ジュニア世代の1学年あたり200万人程度に比べ、20歳〜30歳までの人口は1学年あたり130万人程度となり、3割5分程度少ない。

平成42年(2030年)の予想では、さらに減少し1学年あたり120万人程度になり、少子化が進む予測である。

労働力人口は確実に減っていき、特に若年層の人口は減少する。企業においては、定年に達し退職する人数を、若年者により新規に採用することは、年々困難になるものと予想される。

大企業においては、今後の若年労働者減少による労働力不足対策を実施しているものと思われるが、中小企業においては日々の経営に追われ、対策が十分行われていない企業もあると予想される。

現状においては労働力の不足分をパート、アルバイト等、非正規社員を雇用することにより、景気の変動に対応していることであろうが、今後景気がよくなると予想されると、若年者の雇用は若年者人口が少ないこともあり、若年者の採用をめぐり企業間の競争が激しくなるのではないだろうか。

「採用したくても採用人数が充足できない。」という状態が起こるものと予想できる。人材がいなければ組織は動かない、若年者を惹き付けるには色々な対策があるが、職場環境の整備は緊急を要する必須課題である。

貿易収支の赤字化により考える

  • 2014.03.16 Sunday
  • 22:24

社会保険労務士の家入です。今回の記事は、気になる貿易収支の赤字について記述します。

財務省によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は10兆6399億円の赤字(2013年)、2012年に比べ赤字額は拡大し3年連続の赤字となっている。

円安となっても輸出額が思うように伸びず、輸入額の増加により赤字幅が増加している。

輸出の中心であった製造業の工場は、海外に出ていき産業の空洞化が進んでいる。その傾向は今後も続くであろう。

日本の将来に向かって生き残る道、世界と競争して勝算のある分野・産業とは何であろうか。

それは高付加価値や高技術を要求される分野である。日本には高度に教育された人材があり、中等教育水準が高い、また勤勉な性格と相まって、高付加価値、高技術、高性能なモノを造る産業においては国際競争力は、非常に高いものがあると考えられる。

ここで重要なことは、産業を支えるのは、やはり人財であるという事です。不況に強い会社、高い技術・高付加価値を生み出す会社等、成長している企業には、その理由があると考えられます。

人財は一朝一夕には育ちません。高い技術・技能を身につけるには長い年月が必要になるでしょう。人財の居る企業はやはり強い企業ということがいえるでしょう。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

免責事項

社会保険労務士

社労士事務所

ブログ!ランキング


人事・労務ブログランキング

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村 経営情報

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM